普通の税務会計事務所とは違います

普通の税務会計事務所とは違います

ごく普通の税務会計事務所には往々にして次の問題点があるといわれています。

①毎月来社しない
②月次決算が極端に遅れる
③そもそも月次決算を視野にいれていない
④経営に対するアドバイスは一切ない
⑤節税について相談しても、適切に対応してもらえない
⑥増収についての相談をしても、相手にされない


私達は、上記で示した他の会計事務所の問題点については、軽くクリアすることができます

①毎月来社しない

ミニマム3万円からの顧問報酬

ミニマム3万円からの顧問報酬(ニーズや作業量によってご相談させて下さい)から毎月訪問します。ただ、どうしても…という会社又は個人事業者で例えば2万円という顧問先については、毎月は訪問できません。しかし、電話やファックスにて一定のご相談は受けますし、まず当社において貴社、あるいは貴事業について貴社、貴事業において会計業務が滞らないよう指導をしたうえで、訪問するのと同じ効果を出せる会計業務を進めていきます。
郵送で、資料をいただければ、当初はできるだけ早期に月次決算を行なうことができます(順次自社、ご自身で記帳ができるようご指導します)。

②月次決算が極端に遅れる

業務が迅速に完結できる仕組み

結局、業務が迅速に完結できる仕組みをつくらなければ、そうなります。当事務所では業務フローをチェックしたのち、できるだけ早期に業務が実施できるよう業務改革を行うためのご指導をさせていただきます。月次のデータが早期に作成されるようご支援します。

③そもそも月次決算を視野に入れていない

積極的に攻める経営を行なうことが事業発展のためのポイント

通常の会計事務所で月次決算を視野に入れていないところが多くあります。税務申告に焦点を絞り、対応しているのです。

しかし、会計は単に税務申告のためや銀行からの借入れを行なうための行なうのではありません。会計を戦略的に利用することで、より積極的に攻める経営を行なうことが事業発展のためのポイントです。

月次決算が遅れるようであれば、間違いなく情報が伝わってこない、暗闇のなかで闘うようなものであり、攻撃的な経営をしていくことはおぼつきません。私達は、前捌き(まえさばき)を行い、貴社、貴事業において、会計数値を早期に把握できるよう仕組みづくりを行なったうえで、できるだけ早く、月次決算が仕上がるよう支援します。

④経営に役立つアドバイスはほとんどない

問題解決の処方箋を提示

数字をどのようにみるのかについてもアドバイスしますし、そのなかでの問題解決の処方箋についてもご提示させていただきます。

⑤節税について相談しても、適切に対応してもらえない

無駄な税金を支払わないようにすることも節税の一つ

節税は脱税ではありません。細かいこと、小さいことの積み重ねにより支出を経費化し、無駄な税金を支払わないようにすることも節税の一つですし、勿論、税制を最高レベルで活用することで、過去よりも納税額を小さくすることは有効です。

また、合併や分社を通じた息のながい節税や、増資や売買、持ち株会社化をしたうえでの節税など、スポットでの対応も行ないます。

⑥増収についての相談をしても、相手にされない

どのような条件が増収につながるかについて経営者と一緒に考える

増収は、既存事業であれば単価のアップか数量のアップしかありません。新事業であれば、そのものからあがる収益自体が増収になります。何れにしても業種によって、どのような条件がそれらを改善するのかについて経営者と一緒に考えることが私達にはできます。

その他、詳細につきましては、フリーダイヤルまでお電話下さい!


今すぐご相談ください。
フリーダイヤル 0120-340263